診断を受けている子供

インプラントでの矯正

歯のチェックをされる男性1

最近では、多くの方が利用する様になったインプラントですが、このインプラント矯正にはどのような効果があるのか紹介していきます。
インプラントは抜けてしまった歯の部分にボルトを埋め込んで固定してからセラミックの被せ物を行なう歯の治療方法です。
第二の永久歯と呼ばれているインプラントは、入れ歯やブリッジなどと比べても矯正の効果が高く、気にならないので人気があります。
しかし、このインプラント治療とインプラント矯正は治療の方法や目的が違います。
インプラントの治療を行なう際には長い期間使用することを考えて治療を行なうので長い間使用するわけではないので通常のインプラントとはかなり異なった作りをしています。
通常の矯正方法であるブラケットなどは矯正期間に2年から3年の期間が必要になってきますが、インプラント矯正を行なうとこの期間がかなり短縮されます。
このように、インプラント矯正と通常の矯正方法を知っておくことで選択肢が広がるので知っておいて損はありません。

ブラケット治療は現在でもしっかりとした矯正治療の方法として知られています。しかし、現在では多くの方が金属性のブラケットを使用しないようになっています。
金属性のブラケットを使用する場合は白い歯に金属性のブラケットがかなり目立つので笑ったり喋ったりすると歯にブラケットがついているのでとても気になってしまうという方が多いのです。
元来のブラケット技術は、ブラケットをしなくては治療が困難だということが多く、矯正具が目立ってしまっていました。
現在では、クリアカラーの目立たない物や、歯の表側ではなく裏側に装着する技術などが確率されたので目立つ矯正治療だけではなくなりました。

男性歯科医

レントゲンを見せる女性歯科医2

レントゲンを見せる女性歯科医3

子どもの矯正治療

レントゲンを見せる女性歯科医2

矯正歯科で行われている子どもの矯正は2種類にあり、幼児期に行なう治療と成人してから行う治療です。幼児期の治療では、顎のバランスを整えて永久歯が生えてくる際に窮屈にならないようにする治療を行っています。

成人でも

レントゲンを見せる女性歯科医2

矯正歯科で成人の方が治療を行なう際には、顎の骨などはほとんどいじりません。基本的には歯の位置を動かす治療を行なっていきますが、顎のバランスがあまりにも悪い場合は手術で顎のバランスを整える場合があります。

ブラケット矯正

歯のチェックをされる男性2

ブラケットは、矯正歯科が元来から行なってきた治療方法です。ブラケットで治療を行う場合は治療期間中に気を付けなければならないことが複数あります。この注意点やブラケット矯正の特徴を紹介していきます。

マウスピース治療

レントゲンを見せる女性歯科医2

マウスピース矯正が矯正歯科で扱われる様になったのはかなり最近です。クリアカラーのブラケットのように見えてしまっても歯にクリアカラーの被せものを行なっているので口を大きく開けても気づかれることがほとんどありません。

裏側にブラケットを

レントゲンを見せる女性歯科医1

矯正歯科では、矯正具が目立たないようにする方法もあります。ブラケットを歯の裏側につける方法があり、マウスピース矯正と同じように目立たない矯正方法として知られています。

治療を行なわないと

レントゲンを見せる女性歯科医2

矯正歯科で矯正せずに不正咬合を放置してしまうと、どんどん顔の歪みがひどくなってしまう場合があります。歯や顎の骨は顔全体を支える骨組みなのでこの部分が歪んでしまうと多くの場合は顔全体に歪みが発生してしまう場合が高いです。